和婚 神前式和婚 神前式

人気挙式スタイル 「和婚 神前式」

和婚 神前式とは和婚 神前式とは

日本人の心のふるさと「伊勢」で叶える和婚

日本全国にたくさんある神社の中で、古より特別な神社として敬われてきたのが伊勢の神宮です。 伊勢の神宮は、正式には神宮とのみ申し上げ、三重県伊勢市とその周辺に鎮座する125のお社の総称。 その特別な地である伊勢市にあるのがオランジェです。 オランジェから徒歩1分の最寄駅である五十鈴川駅は、伊勢神宮・内宮の最寄り駅でもあり毎年多くの 参拝者で賑わいを見せています。 オランジェ周辺は神々が棲むという山々に囲まれ、美しい五十鈴川が近くを流れる、まさにパワー スポットのなかにいるような厳かな場所。そんな由緒正しき地で結婚式を挙げたい、古くから 伝わる伝統的な神前式、そして和の要素を取り入れた「和婚」をしたい…そんなお客様の要望が 高まっています。 そこでオランジェがおすすめしたいのが、敷地内に建つ独立型神殿「賀寿殿」での神前挙式です。 賀寿殿は、伊勢神宮とも関わりが深く、更に縁結びの神様としても知られる出雲大社の御神体を祀る 由緒正しいもの。ご親族だけでなくご友人もご列席いただける広々とした神殿で、披露宴会場への 移動もスムーズなのでゲストからもご好評いただいております。
※二見興玉神社や猿田彦神社等、伊勢市周辺の神社への出張挙式も承っております。

和婚 神前式の流れ -オランジェ「賀寿殿」の式次第-和婚 神前式の流れ -オランジェ「賀寿殿」の式次第-

参進の儀(さんしんのぎ)~入場

雅楽の調べと共に、斎主・巫女に先導された“花嫁行列”が本殿・御社殿まで進みます。
新郎は紋付袴、新婦は白無垢や振袖といった和装を身に纏い、結婚式にふさわしい厳かな雰囲気です。

修祓(しゅうばつ)

罪穢れを祓い心身を清めること。
斎主が祓詞(はらいことば)を奏上した後、新郎様・新婦様、ご参列の皆様に清めのお祓いをいたします。

祝詞奏上(のりとそうじょう)

斎主が神前にふたりの結婚を奉告し、加護を祈ります。

三献の儀(さんこんのぎ)

三三九度の盃。新郎新婦が、大中小三つの盃で御神酒を交わし、夫婦の契りを結びます。

指輪の交換

新郎様から新婦様、新婦様から新郎様の順に結婚指輪を交換します。

誓詞奏上(せいしそうじょう)

新郎新婦が神前で誓いの言葉である誓詞を読み上げます。

玉串奉奠(たまぐしほうてん)

「玉串」とは、榊の枝に紙垂(しで)をつけたもの。神様と人の心をつなぐ橋渡し役とも言われています。巫子から受け取った玉串の根元を 神前に向けて捧げます。

親族固めの杯
(しんぞくかためのさかずき)

ご親族の皆様の前に用意された盃に、巫子が お神酒を注ぎます。そのお神酒を飲み干すことで両家が親族の契りを交わします。

退場

斎主が結婚の儀がとどこおりなく終了したことを報告し、結婚式を執り納めます。
その後、ご列席の皆様と記念の集合写真等をお撮り致します。

和婚 神前式Q&A  よくあるご質問和婚 神前式Q&A  よくあるご質問

Q1:和婚とは?
A: 和風の結婚式、披露宴、挙式、演出などを総称して一般的に「和婚」といいます。 日本古来の神前挙式、白無垢や振袖といった和服の着用、日本料理を取り入れたメニュー、テーブルや 装花を和風にアレンジしたものなど様々な和のテイストがあります。 ウエディングの全てを和風にするのも素敵ですが、和のテイストをアクセントとして少し加えるのも 現在人気の和婚スタイルです。
Q2:神前式とは?
A: 神社などで新郎新婦、両家の親族一同が顔を合わせ、神前にふたりが結ばれたことを奉告し、感謝と ともにこれからのご加護を祈るのが神前式です。 伝統にのっとった格式高い儀礼の数々は、家と家が 結びつくこと、親族一同の前で神様に結婚を誓う神聖なる儀式であることを確認させてくれます。 一般的には白無垢を着ますが、色内掛けや引き振袖等の和装を着る方も増えています。
Q3:神前式は友人も列席できるのですか?
A: 神前式といえば親族だけ列席というイメージがありますが、それはたくさんの方が入れるスペースが 無いという理由が多かった様です。神社によっては規定がある場合もありますが、収容人数に余裕が あればご友人も列席いただける所が多いです。 オランジェの「賀寿殿」は80名様まで列席できますので、ご友人も列席可能です。
Q4:伊勢神宮では挙式は挙げられないのですか?
A: 伊勢神宮での神前挙式は執り行っておりません。ですがオランジェの会場「賀寿殿」や、他の神社等で挙式を行った後に伊勢神宮へ向かい、内宮正式参拝および御神楽奉納をして神宮へ結婚のご報告をする事は可能です。 オランジェでも承りますのでご相談ください。

資料請求・お問い合わせ

PAGE TOP

ご予約・お問い合わせ